1. HOME
  2. ブログ
  3. 美容外科
  4. 線維芽細胞移植術を受ける前に知っておこう「治療の流れ」

最新情報

Information

美容外科

線維芽細胞移植術を受ける前に知っておこう「治療の流れ」

再生医療の治療の流れ

治療の

線維芽細胞移植術の治療の流れについてご案内します。線維芽細胞移植術はセルバンクを利用していただくため、初回と2回目以降の治療の流れが違います。当院のセルバンクは2021年までのお申し込みの方は保管・管理料を無償で対応しています。
是非この機会にご利用下さい。

初めての線維芽細胞移植術

初回の線維芽細胞移植術の治療の流れをご案内します。

Flow 1

診察・カウンセリング

まず初めにお顔の写真を数枚撮影します。そうしてどう言った仕上がりを希望しているのかをお伺いします。最初に撮影したお顔の写真を使って細かな仕上がり等を確認します。その上で具体的な治療プランをご提案し、治療におけるリスクや注意点等をお話しします。

Flow 2

各種検査

肌の再生医療を受けていただくには血液検査が必須です。当院では安全性を担保するために他の医療機関での血液検査は参考値とし原則当院での血液検査を必須としています。予めご了承下さい。
血液検査の結果は1週間程度で出ます。

Flow 3

皮膚片・血液採取

血液検査で問題が無いことを確認できたら治療をお申し込み頂けます。そうしていよいよ細胞の抽出作業に入ります。耳の裏側から数ミリの皮膚と細胞培養で使用する血液(自己血清)を採取します。
皮膚片の採取は15分程度、血液採取は30分程度で終了します。
皮膚を採取した部分は縫合しますので1週間後に抜糸が必要です。抜糸の不要な治療をご希望の場合はその旨お知らせ下さい。

– 血液採取-

血液採取

– 皮膚片採取 –

皮膚片採取

Flow 4

細胞培養

採取した皮膚片から線維芽細胞を抽出し、抽出した線維芽細胞を培養技術で大量に増殖させます。

細胞培養

このように線維芽細胞は活発に動き出します。特殊な環境下で時間をかけて線維芽細胞を大量に増殖させます。
当院では細胞培養を培養業者に委託するのではなく、すべて専門医の指示・監修の下、クリニック内の細胞培養施設を利用し、安全で良質の線維芽細胞を適正な形状、細胞数に育てています。

Flow 5

細胞移植

細胞培養で増やした線維芽細胞を注射で肌に注入・移植します。

細胞の移植

線維芽細胞を移植する方法は2つの方法を併用します。注射器で細かく細胞数と注入層を分けたり、手打ちとは違う精度の高い正確なレイヤー(肌の層:真皮中)を狙って正確に線維芽細胞を刺入させることでより高い肌の若返りを実現します。

2回目以降の線維芽細胞移植術

2回目以降の継続的な線維芽細胞移植術はセルバンクに最初に抽出した線維芽細胞を保管していますので、再び皮膚を採取する必要はございません。血液検査、血液採取で線維芽細胞移植術を受けて頂けます。

Flow 1

血液検査

感染症等の有無を血液検査でチェックします。血液検査の結果は1週間程度で出ます。ご遠方の方やご希望に応じ、血液検査と同日に細胞培養で利用する血液を採取することも可能です。お気軽にお申し付け下さい。

Flow 2

血液採取

血液検査で問題が無いことを確認してから継続治療をお申し込みして頂けます。血液採取量は初回の時よりも少ない血液の採取です。血液採取は30分程度で終了します。

Flow 3

細胞培養

セルバンクに保管している線維芽細胞を解凍し、再び細胞培養を開始します。培養期間は注入する範囲によっても違いますが概ね1ヶ月程度で完了します。

Flow 5

細胞移植

細胞培養で増やした線維芽細胞を注射で肌に注入・移植します。

関連記事

肌の再生医療

再生医療治療前
再生医療の治療前
治療7年後
細胞移植7年後

肌の再生医療はこれまでの若返り治療とは全く違うタイプの若返りです。皆さんが思い描く肌の若返りとは「シワを消したい」、「たるみを解消したい」など肌老化の症状に対する解消法であり、見た目に症状が解消することによって若返ったように感じるのですが、実際に肌そのものが若返っている訳ではありません。

しかし、肌の再生医療は違います。私たちの提供している肌の再生医療は肌そのものを若返らせる治療です。レーザー治療やPRPなどの若返りとも全く違います。 まずは私たちの再生医療を知ってください。そうして肌の若返りの意味、本質的な肌の若返りの重要性を知ってください。

肌の再生医療について

肌の若返り治療のご案内