1. HOME
  2. クリニック
  3. 理事長

CLINIC

クリニック紹介

蘇医師

理事長

これまでの医療、これからの医療では大きな変貌を遂げることになるでしょう。ゲノム解析がさらに追求され個々の生体情報やメカニズムなどさらに明確化されることによって治療法も変化するでしょうし、再生医療も大きな変化を見せつつあります。

しかし、再生医療そのものは決して真新しいことではありません。実は再生医療にはそれなりの歴史があります。これまでは臨床研究として多くの研究機関や大学病院などで再生医療の研究が行われてきました。肌細胞を用いた治療については30年以上にも及んでいます。もちろん、これからもさまざまな研究開発によって進歩していくでしょう。

病気の治療だけではなく予防医療としての再生医療もますます広がりを見せています。さらには私たちが行っている肌の再生医療、毛髪の再生医療などは社会生活を豊かにするための再生医療です。このような分野の再生医療も非常に注目されています。

私たちは肌の再生医療に対する取り組みを古くから行っている医療機関です。再生医療法が施行される以前から行っており、細胞培養の歴史は古く20年以上に及ぶ実績と経験を積み重ねてきました。そこで培った経験が私たちの再生医療「線維芽細胞移植術」に詰め込まれています。

結果として単にマニュアル的に治療したり、委託業者任せに細胞培養を行うことは肌の再生医療の結果に大きく影響する可能性が極めて高くなります。これまでの経験から細胞の状態や品質、培養細胞を注入・移植するまでの時間などがどれだけ重要であるかということを私たちは十分理解しています。

そのため細胞培養から再生医療の提供までのすべてを自分たち自身で運用・管理し、安全で効果的な肌の若返りを提供することが、私たちを選んでくださったみなさまへの信頼と責任であると確信しております。

肌の再生医療、若返り治療を考えている患者さんはまずご相談ください。診察・カウンセリングで、症状をお伺いし肌の状態を細かく診察し、具体的な解決方法・治療方法について丁寧にご提案いたします。これからは政府の提言にもあるように“人生100年時代”の世の中に変化しつつあります。私たちは再生医療、美容医療を通してみなさまの社会生活を豊かにすると同時に再生医療の取り組みに精進していきたいと考えております。

医療法人社団 慶友形成クリニック
理事長蘇 雅宏

肌の再生医療

再生医療治療前
再生医療の治療前
治療7年後
細胞移植7年後

肌の再生医療はこれまでの若返り治療とは全く違うタイプの若返りです。皆さんが思い描く肌の若返りとは「シワを消したい」、「たるみを解消したい」など肌老化の症状に対する解消法であり、見た目に症状が解消することによって若返ったように感じるのですが、実際に肌そのものが若返っている訳ではありません。

しかし、肌の再生医療は違います。私たちの提供している肌の再生医療は肌そのものを若返らせる治療です。レーザー治療やPRPなどの若返りとも全く違います。 まずは私たちの再生医療を知ってください。そうして肌の若返りの意味、本質的な肌の若返りの重要性を知ってください。

肌の再生医療について

肌の若返り治療のご案内