1. HOME
  2. ブログ
  3. 8. スキンケア
  4. 50代だからこと受けるべき。肌を若返らせるためのスキンケア

肌の再生医療

Information

8. スキンケア

50代だからこと受けるべき。肌を若返らせるためのスキンケア

50代のスキンケア

50代から始めるスキンケアはとにかく失われている肌細胞をできるだけ少なくすること。そうして今残っている肌細胞の働きを弱めない。さらに積極的に肌細胞増やす攻めのスキンケアが大切です。人生100年時代を考えればまだまだ折り返し地点。これからの肌のこと、見た目年齢を大切にすることが一番重要です。
セルフケアでは不十分なことを十分に自覚し、プロのスキンケア、専門的・積極的治療にシフトすべきである。綺麗事を言っていても若返りとしての結果を得ることなんてできません。
また、よく勘違いされるのが高額な化粧品が良いと錯覚する方も多いのですが、大切なのは自分自身に肌にあった適切な基礎化粧品を選ぶこと。繰り返しますが化粧品だけでは絶対的に不十分であることを認識しましょう。

50代攻めのスンケア

50代で必要なスキンケアはとにかく積極的、アクティブなケア。顔のたるみが気になる方などは積極的に手術を受けるのも一つの選択肢です。たるみは外科的に改善させる以外に基本的に解消することはありませんから。
手術は怖いと感じる方も多いのですが、実際の手術は大きく違います。たるみが引き上がる満足感は非常に大きいものです。

顔のリフトアップはこちらをご参考

肌細胞を上手に使って若返る

肌細胞を上手に生かすスキンケアって何?
それは今肌にある肌細胞(線維芽細胞)を活性化させること。さらに再生医療で肌細胞そのものを増やすことです。

50代のスキンケア

肌細胞が加齢によって減少してしまうと、肌のコラーゲンは著しく減少し、シワが深くなったり、ほうれい線が目立ってきたりと老化が大幅に進行してしまいます。

線維芽細胞を増やして若返る

肌細胞を増やす方法というのは再生医療の技術を用いる以外に方法はありません。その方法が「線維芽細胞移植術」。耳の裏側から少しの皮膚を採取、採取した皮膚にいる線維芽細胞を抽出します。抽出した線維芽細胞を細胞培養という技術を使って数百万倍にまで増殖させ、増やした肌細胞を注射で肌に移植して肌細胞を増やして若返らせる技術です。

線維芽細胞を活性化させて肌を若返らせる

線維芽細胞を活性化させるには、強い炎症を引き起こすか、線維芽細胞を刺激する成長因子を使って活性化させます。その手法としてレーザーを照射したり、PRP、成長因子を使って肌細胞を活性化させて肌を若返らせます。
当院ではリフトアップレーザー「キュリア」、ハイフ、PNFを使って肌細胞を活性化させることができます。

プロのスキンケアで若返る

マッサージピール

肌細胞を活性化させると同時に、角質ケアを効果的にすることができる特別なケミカルピーリング「マッサージピール」をご存知でしょうか。トリクロロ酢酸(TCA)を使ったケミカルピーリングで表皮だけではなく、さらに深い真皮層まで刺激することによって、線維芽細胞を活性化させ肌のコラーゲンを増加することでハリ・弾力を高めることで肌が若返ります。

関連記事

肌の再生医療

再生医療治療前
再生医療の治療前
治療7年後
細胞移植7年後

肌の再生医療はこれまでの若返り治療とは全く違うタイプの若返りです。皆さんが思い描く肌の若返りとは「シワを消したい」、「たるみを解消したい」など肌老化の症状に対する解消法であり、見た目に症状が解消することによって若返ったように感じるのですが、実際に肌そのものが若返っている訳ではありません。

しかし、肌の再生医療は違います。私たちの提供している肌の再生医療は肌そのものを若返らせる治療です。レーザー治療やPRPなどの若返りとも全く違います。 まずは私たちの再生医療を知ってください。そうして肌の若返りの意味、本質的な肌の若返りの重要性を知ってください。

肌の再生医療について

肌の若返り治療のご案内