1. HOME
  2. スキンケア
  3. 30代からはじめるスキンケア。今のことじゃなく未来の肌のために
スキンケア
30代のスキンケア

30代からはじめるスキンケア。今のことじゃなく未来の肌のために

スキンケア

53

30代で感じる肌の衰えというのはそれほど切実な実感ではないでしょう。しっかりとした保湿と紫外線対策、生活習慣を守ることで美しい肌のコンディションを整えることは難しいことではありません。ですが「今よりももっとキレイな肌に仕上げたい」という方にはそれぞれの目的に応じたスキンケアをお勧めします。

それは皮膚表面、角質層をターゲットとしたスキンケア
角質層を中心としたスキンケアとは、肌の一番表側の層“角質層”を治療するスキンケアのこと。肌のターンオーバーを正常化させ、メラニンを作らない・作らせない・溜めない新陳代謝に優れた素肌を作ることが必要です。

具体的なスキンケアとしてはケミカルピーリングや超音波を使った美肌ケア、ニキビ跡や毛穴の広がりなどでお悩みの方にはニードルダーマブレージョンなどアクティブなスキンケアをお勧めします。

また、30代のスキンケアとして注目して頂きたいのは、いつまでも今の肌の状態が維持することは絶対にないということ。どれだけしっかりとスキンケアをしていても加齢によって肌は確実に老いてしまうのです。それを見越して将来の肌のためにやっておくべきスキンケアを考えてみるということも大切だと思います。

今の素肌のためにすべきスキンケア

お肌の曲がり角という年齢を少し超えたぐらいの肌ですとそれほど肌の老化が進行している訳ではありません。毛穴の開きや肌のくすみなどの症状を改善したり、美しい素肌にするために重要なケアは角質へのケアです。
角質のケアというのは、肌の新陳代謝を速やかにして、シミやくすみを作らない、作らせないためのスキンケア。角質というのは常に肌細胞が生まれ変わって古くなった角質と、新しい角質が生まれ変わるサイクル、ターンオーバーを整えることが必要不可欠。肌のターンオーバーを正常化させ、古くなった余分な角質を速やかに排出させることが美肌への必須条件なのです。

30代のスキン

肌のターンオーバーを正常化させ、美しい素肌へと導き出すプロのスキンケアをご紹介します。

[ ケミカルピーリング ]

乳酸、グリコール酸を使って古くなった余分な角質を速やかに取り除いて、新しい肌を作り上げるスキンケア。ピーリング(剥がす)と言う言葉から、肌は剥がれると錯覚されがちですが、肌が剥がれるようなディープなピーリングではありません。
通常のケミカルピーリングは、肌が剥がれるようなスキンケアではありませんのでご安心ください。肌が剥がれると言うのは、細胞レベルの剥がすと言う意味です。
ケミカルピーリングは、施術直後からメイクもできますし、痛みや肌トラブルを引き起こすようなスキンケアではありません。

詳しくはコチラ

古くなった余分な角質を速やかに取り除いて美肌へと導く“ケミカルピーリング”

[ ニードルダーマブレージョン ]

ニードルダーマブレージョンは、極細の針(ニードル)を使って肌に強い刺激を与えるスキンケア。ニードルの刺激で、一時的にですが肌は強いダメージを受けます。ダメージを受けた部分は線維芽細胞が集まりすぐに修復・回復工程に入ります。その際、成長因子が大量に作られ、コラーゲンやヒアルロン酸が大量に増えます。バリヤ機能も一時的に壊されますが、速やかに修復します。その修復過程を利用したのがニードルダーマブレージョンです。毛穴の開きなどに非常に高い効果を発揮してくれます。

詳しくはコチラ

肌に刺激を与え、肌の再生力によって美しい素肌へと導く“ニードルダーマブレージョン”

[ イオン導入・超音波導入 ]

肌に栄養分を届ける方法は2通りしかありません。一つは内服や点滴治療などによって血管を通じて肌に届ける方法。もう一つは肌の表面側から浸透させることで栄養分を届ける方法です。イオン導入はイオンの反発の力を使います。ビタミンCなどマイナス荷電させたものに対し、肌にマイナスの電気を流すとマイナスとマイナスで反発を引き起こし、肌の奥深くまで浸透させるテクニックです。超音波導入は、音波を皮膚に流すことによってキャビテーション効果を導き出し、大きめの物質を肌の奥深くまで浸透させるテクニックです。

詳しくはコチラ

肌を美しくするために必要な栄養分を奥深くまで浸透させる“イオン導入”

10年,20年先を見据えて。未来の肌のためにいますべき30代のスキンケア

通常、スキンケアは今の状態や症状を改善するために受けるもの。しかし、この先の肌のため、未来の肌のために今やっておくべきスキンケアをご存知でしょうか?

それは肌細胞を使った肌の再生医療「線維芽細胞移植術」です!!

30代の方の肌にいる細胞“線維芽細胞”は決して老化している訳ではありません。まだまだ細胞としての機能は十分残っています。しかし、肌細胞は常に分裂と言う過程を繰り返し、やがて減退・消失してしまいます。それが老化です。
もちろん、紫外線などの刺激を受けるとさらにその分裂回数が増えるためより老いを生じ、働きは低下してしまいます。加齢によって細胞の働きが衰え、細胞数が減少すると肌の老化は一気に進んでしまいます。
だからこそ、少しで若い時の細胞を保管しておくことがあなたの未来の肌にとっては有益と言えるのです。30代で細胞を補充する必要は、乾燥肌やニキビ跡などの症状を改善とした目的であれば積極的な治療は必要がないでしょう。
しかし、保管して温存しておくと言うことには非常に大きな意味をもたらします。セルバンクというのは、細胞を今の状態のまま眠らせて半永久的に保管し、必要な時に眠らせている状態から起こして肌に戻すことができるシステム。
ですので、30代で細胞を採取し、保管しておいて20年、30年後、あなた自身が50歳、60歳になったときに、30代の時の細胞を肌に戻すことができるというのは何よりもメリットとなるのです。
肌の再生医療「線維芽細胞移植術」は未来の肌のための治療として非常にお勧めすることができるのです。

肌の再生医療

再生医療治療前
再生医療の治療前
治療7年後
細胞移植7年後

肌の再生医療はこれまでの若返り治療とは全く違うタイプの若返りです。皆さんが思い描く肌の若返りとは「シワを消したい」、「たるみを解消したい」など肌老化の症状に対する解消法であり、見た目に症状が解消することによって若返ったように感じるのですが、実際に肌そのものが若返っている訳ではありません。

しかし、肌の再生医療は違います。私たちの提供している肌の再生医療は肌そのものを若返らせる治療です。レーザー治療やPRPなどの若返りとも全く違います。 まずは私たちの再生医療を知ってください。そうして肌の若返りの意味、本質的な肌の若返りの重要性を知ってください。

肌の再生医療について

肌の若返り治療のご案内

肌の再生医療の最新情報